関西ニュース

【大阪】塚本幼稚園 また補助金不正受給か

3/14 00:31

学校法人「森友学園」に新たな疑問が浮上です。学園が運営する大阪市内の幼稚園が、障害のある園児などを受け入れているとして多くの補助金を受け取る一方で、園児らに退園を迫っていた可能性があることがわかりました。

森友学園が運営する塚本幼稚園は、障害がある特別支援児童を受け入れるとして、大阪府から、10年間で総額およそ1億7200万円の補助金を受け取っています。13日の府議会では、この幼稚園が特別支援を必要とする一部の園児に無理やり退園を迫っていた事例があることが指摘されました。大阪府議会の教育常任委員会で共産党・石川たえ府議は、「アレルギーのある子、少し手をかけていかないといけない子は、次々とやめさせられていく。こうした実態を掴んでいたのか?」と質問すると、府の担当者は、「退園を迫られたという通報は受けたことがない」と回答しました。府は、実態を把握するため幼稚園側への聞き取り調査も検討するということです。塚本幼稚園をめぐっては、国会で、「漏らした汚物をパンツにくるんで、かばんに入れて持ち帰らせる」など、児童虐待につながる指導をしていたとの指摘もなされています。一方、自民党府議団は13日、籠池理事長を府議会に参考人として招致するよう議長に申し入れしました。自民に対し、籠池理事長は13日朝、「私の思いを府議会で話したい」と出席の意向を伝えたということですが、午後になって一転、「今、出席するべきではない」と拒否したということです。