関西ニュース

【大阪】震災22年を前に 災害対策訓練

1/12 12:46

阪神淡路大震災から22年となる17日を前に、グランフロント大阪で災害対策訓練が行われました。

訓練は、大阪市内で震度6強の大地震が起き、けが人や帰宅困難者が出たという想定で、午前8時過ぎから行われました。ビルの中の病院の医師や管理会社のスタッフなど、およそ80人が参加。負傷者の搬送や応急救護措置を訓練しました。参加した人は、「いつでも体がすぐ動けるような状態にしておかないと」と話していました。会場には帰宅困難者の待機スペースなども設置され、参加者らは将来の大地震への備えを確認していました。

前のニュース