関西ニュース

【兵庫】「夢工房」運営こども園 120万円不正受給

4/21 19:19

神戸市の認定こども園が、職員の勤務実態を5年にわたって偽り、120万円を超える補助金を不正に受給していたことがわかりました。

社会福祉法人「夢工房」が運営する神戸市の認定こども園「夢」で、「常勤」とされていた管理栄養士の女性が実際には月に2〜3日しか出勤していないことが市の監査でわかりました。市は、保育所などで働く人たちの待遇を改善しようと「常勤」の職員に対して補助金を給付しています。園が2010年度から5年間で不正に受け取った補助金は、およそ121万円で、市は返還を求めています。園長は市に対して、「前の理事長に指示された」と話しているということです。園を運営する「夢工房」をめぐっては、前の理事長が勤務実態のない親族に給料を支払うなど、運営費およそ1億4000万円を不正に流用していたことが明らかになっています。

前のニュース