関西ニュース

【兵庫】震災で出動の消防艇 役目終え引退

3/20 18:46

阪神淡路大震災の際の消火活動などにあたった神戸市消防局の消防艇「4代目たちばな」が、老朽化のため引退しました。

「4代目たちばな」は、1991年に運用を開始した消防艇で、1995年の阪神淡路大震災を経験した神戸市消防局所有の最後の消防艇です。震災の際に出動して消防車に海水を送るなど、26年間、神戸の港を守り続けてきましたが、エンジンや外装の老朽化に伴い、新しく導入された消防艇「たかとり」に役目を引き継ぎました。

前のニュース