2017/02/07

新年好!旧正月の過ごし方

上海でも盛大に春節を祝います上海でも盛大に春節を祝います

日本で新年を祝うのは1月1日の元日ですが、中国では旧正月の「春節」で盛大に新年を祝います。中国に住む日本人としては、正月を2度味わうことができ、得をした気分にもなります。今年は1月28日が春節で、1月27日から2月2日まで7連休となりました。

地方から上海など都市部に出稼ぎにきている中国人の中には、1ヵ月近く休暇をとる人もいます。中国では、春節は家族と一緒に1年の始まりを祝う最も大事な祝日で、上海も新年ムード一色となりました。

春節用の飾り物で街中赤一色に春節用の飾り物で街中赤一色に

新年を迎えると、多くの人々が、お寺に初詣に行きます。中国では、文化大革命で多くの寺院が徹底して破壊されましたが、その後、いくつかは建て直され、現在に至ります。ちなみに、多くの寺院が春節連休中だけ、拝観料を通常の2〜3倍に設定します。多くの初詣客を見込んでのことだそうですが、「中国らしい」とも感じます。

上海中心部の寺院には<br>早朝から大勢の人々が上海中心部の寺院には
早朝から大勢の人々が

1年間の無病息災を願います1年間の無病息災を願います

上海のあちこちにある<br>花火と爆竹禁止のポスター上海のあちこちにある
花火と爆竹禁止のポスター

中国の春節といえば爆竹です。春節の爆竹は、魔除けをして新年を迎えるための「必需品」でしたが、毎年火事が相次いだほか、大気汚染が大きな問題となり、上海中心部では現在、春節の爆竹や花火が禁止されていて、最近は静かな春節となっています。賛否両論あるようですが、大気汚染が深刻な中国では、爆竹などの規制は、「仕方がない」と感じている人が多いようです。

広大な中国では、地域によって新年を祝う料理が異なりますが、春節の食べ物として多くの地域で親しまれているのが「餃子」です。餃子の形が、中国の昔のお金に似ているということで、餃子をたくさん作って食べることで、冨や幸福を得ることができるといわれています。

上海の人気餃子店には行列が上海の人気餃子店には行列が

私も幸福を願い餃子をいただきました私も幸福を願い餃子をいただきました

今年もたくさんの人々に多くの「福」が訪れますように!

春節の『福』飾り春節の『福』飾り

ABC WEBNEWS 2009年9月以前のサイト シャンゼリゼ通信